アロマの基礎

アロマテラピーは、精油を使用して人の心身の不調を取り除き、心と体を本来のよい状態に戻していくセラピーです。
leaf03-020
香りを用いた療法の歴史は非常に深く、それこそ古代エジプト時代にさかのぼるといわれています。
今のような心身の不調などに用いられてはいなかったようですが、ミイラの腐敗や臭いを防止するために、現在の精油と同じようなオイルが使われていたのだそうです。
またヨーロッパでも、かなり古い時代から活用されていたようですから、香りは人間の本能にすごく影響してくるものなのだということがうかがい知れます。
leaf03-020
アロマテラピーを楽しむために必要なアイテムは、まず精油。
精油の種類は本当にたくさんありますが、まずは自分が嗅いでみて「よい香りだな」と思うものを選ぶのが一番よいと思います。
っていってもどんなのがよいかわからない、という方は、基本的にはラベンダーにグレープフルーツ、ベルガモット、スパイシー中折りが好きな方はブラックペッパー、そしてスッキリするユーカリやレモングラスなどを揃えておくと、いくつかのブレンドを楽しむことができますし、嗅いで気分が悪いと思うことも少ないのではないでしょうか。
leaf03-020
意外とラベンダーは好みが分かれるので、必ず買うようにとは言いがたいのですが、ラベンダーにも種類がいろいろあって、お好みの香りが見つけられることもあるかと思いますので、まずはいろいろなショップに足を運び、たくさんのメーカーのエッセンシャルオイルを嗅いでみるとよいと思います。
メーカーによってそれぞれのオイルの香りはまったく違ってきますので、ぜひお気に入りのメーカーを見つけてください。
leaf03-020
次に、手軽にアロマテラピーを楽しみたいという方は、ディヒューザーを購入することをおすすめします。
水と精油とを入れてスイッチオンするだけで、部屋中によい香りがただよい、香り効果を実感できます。
ブレンドを楽しみたいという方も、ディヒューザーにそれぞれの精油を垂らすだけで、手軽にブレンドが楽しめるので初心者でも扱いやすいのではないでしょうか。
leaf03-020
ブレンド方法についてはインターネットにいろいろな情報がありますが、精油を触りながらブレンド方法を確認したいという方は、一冊アロマテラピーについての本を買うのもよいでしょう。
テーブルに精油を置いて本を見ながらブレンドすれば、あちこち移動する必要もないので楽ちんです。
leaf03-020
エッセンシャルオイルを使ってコスメやバスグッズなどをつくるというときは、遮光瓶や精製水、かき混ぜ棒などを用意するのが一派的です。
ビーカーも、あると材料を混ぜやすいので便利。
コスメをつくるときは精製水を使うことが多いので、精製水も用意しておくとよいですね。これはドラッグストアで50円から100円で売っています。
leaf03-020
かなりざっとになってしまいましたが、アロマテラピーの基本は決して難しく考えることはなく、ご自身の思うように楽しんでよいものです。
一般的にどうやっているのかが知りたい、という方は、インターネットや書籍でたくさんの情報を得ることができますので、一度調べてみるとよいでしょう。
leaf03-020
アロマのいろいろな楽しみ方についても紹介しているコンテンツを下記ページで掲載していますので、ぜひ参考になさってくださいね。

アプリでアロマ
アロマキャンドル
アロマポッド
リードディフューザー
お香
フレグランスオイル
■手作りアロマ石鹸