アロマポッド

アロマポッドは、精油を入れて熱することで、香りを出すポッドです。
こちらの商品には、電気式とキャンドル式があり、電気式はアロマライトとも呼ばれています。

(参考)アロマライトとは?選び方、使い方
leaf03-020
キャンドル式のアロマポッドは火を使うので、寝室での使用や、小さなお子さんのいるご家庭では使うときにくれぐれも注意してくださいね。
電気の場合は手軽ですが、キャンドルは雰囲気があって素敵な分、ちょっと管理に手間がかかるかも?

一般的なキャンドル式アロマポッドは、下にキャンドルをセットする部分、上川には小さなお皿があって、そこに精油を入れるようになっています。
使い方はいたって簡単で、小皿に精油を入れて、セットしたキャンドルに火をつけるだけ。
ディヒューザーは水と精油をブレンドしてセットする必要がありますが、アロマポッドはそのままダイレクトに精油を加えればいいので、かなりお手軽です。
精油ダイレクトなだけあって香りも強いので、よりしっかりと香りを楽しみたいという方に適しています。
leaf03-020
ライトのほうは、下が電気になっていて、上の小皿に精油を垂らし、電気で熱を加えて精油を焚きます。
こちらはキャンドルよりも手軽で、スイッチ、もしくはコンセントを入れればすぐに使用できるのがポイント。
香りの強さはキャンドル式とさほどかわりありません。
leaf03-020
ライトにはコード式とコンセント式があり、コンセントのコードがあるものと、直接コンセント穴にアロマライトのプラグを差し込むタイプの2パターンがあります。
コンセントは通常住宅の下側についていることが多く、香りは下から上に上るので、コンセント式でも使用の快適度には問題ないと思われますが、小さいお子さんがいるご家庭ではコンセント式だとお子さんが足をかけてしまったり、かわいらしいのでついいたずらをしてしまう危険がありますので避けたほうがよいでしょう。

コード式は、コンセントのあるところから希望の場所まで移動することが可能ですが、足を引っ掛けてしまわないように注意が必要です。
コードにスイッチがあるので、そちらのオンオフを切り替えて使用します。
キャンドル式とライトだと、やはり火を使う危険性がない分ライトをチョイスする方が多いようです。

小皿に直接精油を入れると、匂いが移ってしまうのでは?と気にされる方もいらっしゃるようですが、別の精油を入れる前に小皿をきれいに洗えば、香りはほぼ消えますので問題ありません。
匂いが移りづらい素材を使っているので、安心して使用してください。
leaf03-020
それぞれのポッドは、シンプルなデザインのものもあれば、ポッドに模様が入っていて、明かりが透けて影が絵のようになる凝ったデザインのものもあります。
こうしたデザインのものは、少し暗いところで使用すると雰囲気が出て素敵です。
香りにも癒やされますが、ライトの穏やかな明かりが癒やし効果を高めてくれるので、ぜひ少し部屋を暗くして使用してみて。
価格は1,000円から3,000円くらいと、比較的お手頃な価格で購入できます。
キャンドルと違って、一度購入すれば長い間使用できますので、費用を比較するとお得ではないかと思われます。
手軽に香り療法を楽しみたい方は、チャレンジしてみてください。