集中モードに必須のアロマ

試験前や大事な仕事を控えているときなどにほしいのは「集中力」。
特に試験勉強は、試験が終わるまでとはいえ、時間の決まりがなく、少しでも長い時間勉強をしていなければならないので、集中力が途切れがちですよね。
こうしたときにも、アロマテラピーは活躍します。

集中力が必要なときに活躍してくれるエッセンシャルオイルは、ローズマリーやペパーミント、ユーカリやレモンといったすっきりした香り。
それぞれの香りをひとつずつ使用するのもよいですし、おこのみでブレンドして使ってもよいと思います。

効果的な使用方法としては、ディヒューザーで焚くのもおすすめですが、集中力が途切れてきた、より集中力がほしいというときに、ユーカリのエッセンシャルオイルをこめかみに少量つけてみると、頭がスッキリして集中力が戻ってきます。
また集中力が途切れてきたらさらにオイルを足すようにして、勉強をすすめてみてください。

レモンの香りもとてもさっぱりしていますので、集中力を回復させるのにおすすめ。
この香りが嫌いだという方はあまりいないでしょうから、自由のきく職場であれば、会議の時などにレモンとミントをブレンドして会議室で焚くことができると、職場のみなさんにも集中力が芽生えて、より効率的な会議ができるかもしれません。

こうした、いざというときに使用したいオイルは、使いやすいように加工されて販売されているものが多いので、そういったものを活用するのもおすすめです。
これらのオイルをブレンドして、ロールオンタイプにつくられているものがあります。
仕事中集中力が途切れてきたな、ちょっとリフレッシュしたいなと思ったときに、それをこめかみや手首につけると、気分転換になるのでぜひ試してみて。

これらのエッセンシャルオイルは、肌に直接つけて使用することも多いので、できればオーガニックのものを使用したほうが安全です。
肌が敏感でコスメなどでかぶれやすいという方は、事前にパッチテストを行って、肌荒れしないかどうかを確認しましょう。
パッチテストは二の腕の内側など、皮膚の柔らかいところに少量のエッセンシャルオイルを塗布し、バンドエイドなどで覆って24時間おいておくだけ。
バンドエイドを剥がして、赤くなっていることがなければその製品は安心して使用できます。
購入してからパッチテストで問題があるともったいないので、もしサンプルなどを試すことが可能であれば、事前にサンプルでパッチテストを行って、問題がないことを確認してから現品を購入できるとよいですね。