アロマ選びについて

・ まずは心地良いと思う香りを

アロマテラピーで使用されるエッセンシャルオイルにはさまざまな香りがあり、それによって効能も異なります。
エッセンシャルオイルは基本的に自然の材料を使用した、天然のものになりますが、その効果はかなり高いといわれていますので、香りを選ぶときに何を選べばよいのか悩んでしまう、という方も多いようです。

これからアロマテラピーを楽しみたいと考えている方は、まずは自分が嗅いで心地よいと感じる香りを選んでみてはいかがでしょう。
香りの好みによっては、必ずしもいわれている効能と同様の効果が得られるとは限らない場合もあります。

例えば、リラックスして安眠することができるといわれているラベンダーの香りは、万人受けすることでも知られており、好きだという人はとても多いです。
しかし、ラベンダーの香りがどうしても苦手だという方もいらっしゃり、そんな方がラベンダーの香りを嗅いでも、リラックスできるどころか気分が悪くなってしまうかもしれませんし、安眠することもできないでしょう。

その人にとってリラックスできる香りは、やはり教科書通りとはいかないもの。
まずはたくさんの香りを嗅いで、お気に入りの香りを見つけてみるのがよいと思います。
ちなみに、エッセンシャルオイルはブランドやメーカーによっても香りが異なりますので、できればいろいろなメーカーの香りを試してみることをおすすめします。

・ 目的別に選んでみても

いろいろな香りを試して、自分の好みが分かってきたり、エッセンシャルオイルの扱いにも慣れてきたら、肌の悩みや気になる症状に効果があるという香りを中心に選んでみてもよいと思います。

花粉の季節に鼻づまりがひどいという方は、ユーカリなどの香りを選んでスッキリするのもよいですし、女子力を上げたいということであれば、ローズの香りを選んでみても。
また、これらの香りに相性がよいエッセンシャルオイルを調べ、その効能に興味があれば、合わせて購入するというのもよいですね。

こうして少しずつお気に入りの香りを揃えていくうちに、少しずつ「次はどんな香りが必要か」ということがわかってきて、効率よくエッセンシャルオイルを選ぶことができるようになると思います。

このエッセンシャルオイルにはあの香りが相性がよい、などということがわかってくると、エッセンシャルオイル選びも楽しくなってきますので、少しずつ揃えながら勉強してみてくださいね。