アロマセラピストになるには

アロマセラピストになるには、何か資格を持っていなければならないということではありません。
一般的に法律で定められている資格は、国家資格となり、「資格が無いと仕事をしてはならない」というくくりのものはすべて国家資格です。
しかしアロマテラピーには国家資格がないので、特に資格がなくても法律的にはセラピストとして働くことは問題ないです。
leaf03-020
セラピストの仕事は、主にサロンワークになるかと思いますが、主に精油を用いたマッサージやフェイストリートメントなどのエステ的要素の強い仕事が多いと思われます。
まれにスクールの講師であったりまた別の形での講師のお仕事などもありますが、一般的にはサロンでお客さまへの施術を行うことがメインです。
leaf03-020
セラピストの一日はサロンの朝の掃除から始まります。
掃除をして、一日の予約を確認し、必要な備品を揃えることに開店時間に。
予約のお客さまの施術を行いながら、スッタフは交代でランチをとります。
そしてまたお客さまへの施術や対応、合間に備品の補充や予約受付の電話対応などを行いながら、あっという間にときは過ぎていきます。

閉店後は片付けをして帰宅ですが、サロンによってはあ開店時と閉店時に朝礼と終礼を行うところもあるようです。
目標の達成率の周知や、自分が朝掲げた目標を達成できたかどうかの反省会のようなものが行われます。
そして、簡単に明日の準備をして一日が終了です。
leaf03-020
セラピストはサロンワークだけではなく、フリーで活動している方もいらっしゃいます。
自宅で小さなサロンを運営しているという方など働き方は色々。
技術があれば独立することができ、お客さまがつけばどんどん収入も上がるので、
やる気があって努力ができる方なら、どんどん飛躍していくことができるお仕事であるともいえます。
自宅に生徒さんを招いて、バスグッズや虫よけなどのアロマ製品のつくりかたを教える教室を開いている方もいらっしゃるようです。
leaf03-020
セラピストの求人情報は、主にインターネットの求人サイトで探される方が多いようです。
求人サイトでも、美容業界に特化したサイトがあり、そういったところだと案件もたくさんありますので、仕事を見つけやすいのではないかと思われます。
美容業界に特化した求人サイトというのはあまりありませんので、見つけたらブックマークをして、マメに新規求人情報をチェックされることをおすすめします。

(参考)セラピストの求人をお探しの方に役立つサイト

このサイトは、業界や雇用条件などで求人情報を検索することができるので、とても使いやすいです。
実際にこちらのサイトを使って転職されたという方も多いようですので、セラピストを目指している方は、ぜひチェックしてみては。

leaf03-020
簡単に仕事内容などをご紹介していきましたが、詳しくはここで紹介していきます。
■一日の流れ
ここではもう少し仕事内容を掘り下げて紹介していきます。

■資格の種類
民間資格がかなり充実しているのも特徴。
香り療法についてどれだけの知識をもっているかという確認の意味も含め、求人において、関連資格を持っている人のほうが、採用されやすいという事実があります。
いろいろな資格があるので、企業が求める資格についてもさまざま。
さまざまある検定などをここでまとめて紹介していきます。

■資格を生かす
日常生活にも生かせるアロマの資格。
どのように活用していくのかなど紹介していきましょう。