一日の流れ

アロマセラピストの一日は意外とハード。毎日たくさんのお客さまの施術を行いますので、結構体力勝負だったりします。
ここでは、アロマセラピストの一日の流れについてご紹介しましょう。

朝サロンに出勤したら、まずはお掃除や開店の準備。
どんなサロンでもそうかと思いますが、美に関するサロンはやはり衛生管理が一番重要ですので、毎日しっかりとお掃除します。
開店準備が整ったら、朝礼。この朝礼はサロンによって行わないところもあるようですが、大体のサロンでは、その日の目標や周知事項について、サロン全員でしっかりと照らし合わせを行うために、毎日朝礼を行います。
各スタッフに毎日の目標を定めさせて、一人ひとり発表してもらう、というサロンもあるようです。

開店したら、予約や飛び込みのお客さまの施術を行います。
リピーターのお客さまであれば、予約の時点でその日のコースは決まっていますので、直接施術に入りますが、初めてのお客様の場合は、入念なカウンセリングから入ります。
お客さまがどんな目的でサロンに来店されたのか、どのような心身の状態で、どう改善していきたいのかをしっかりとヒアリングし、それに合ったプランを考えていくのです。
お客さまに安心して施術をうけていただけるよう、リラックスしていただくのも重要なので、接客にはかなりの技術を伴います。

ランチタイムは、スタッフが交代でお昼をとります。
OLさんだと、近隣のレストランでランチを楽しむこともあるかと思いますが、サロンでは基本的にお弁当を持参したり、デリをお店で購入し、店内でいただくことが多いです。
お店が混雑してきたときにすぐに対応できるようにほとんど外でランチは摂らないのですが、お店がゆっくりしているときは、スタッフどうしてお話をしながら時間を過ごしたりしているので、特に辛いということはありません。

営業が終了したら、ざっと片付けをして終礼を行います。
終礼では、朝掲げた目標を達成できたかという報告を一人ひとりが行ったり、クレームやご意見をいただいたときは、それらの報告があったりして、その日の業務を振り返る大切な時間です。
終礼後、日によって新商品の講習や、技術レベルを上げるために施術の練習をすることも。
特に新人さんの場合は練習が必要なので、先輩スタッフ達が練習台になって、新人の施術を指導することもしばしばあります。

以上が、セラピストの一日の流れ。毎日忙しいですが、たくさんのお客様の笑顔が見れる、とてもやりがいのあるお仕事です。