資格を活かす

他の項でも触れたように、アロマセラピストになるには、必ずしも資格を取得していないといけないわけではありません。
しかし、資格をもっているということは、その人がどれだけの知識を習得しているかということを把握する判断材料にもなりますし、知識を習得していく上で高度なレベルを目指しやすい勉強方法でもありますので、チャンレジしたいと考える方は年々増えています。

また、資格を取得することでアロマテラピーについて理論的に学ぶことができ、仕事としてアロマテラピーを活かしたい人にいろいろな能力がついてくることもありますので、資格を取得していることは、やはり就職する上で有意義なものであるようです。
では実際に、どんな資格を取得した人が、どのようにアロマテラピーの現場で活躍しているのでしょうか。

まず、どんな仕事や活動においても、基本の「アロマテラピー検定」についてはほとんどの方が取得されているようです。
アロマテラピー検定は、まずアロマテラピーを始めて、より知識を得たいと考えたときにチャレンジする資格なのですね。
その後、仕事にしたいわけではないけれど、ちょっとした教室を開いたり、イベントの時に出展したいという、地域に密着した活動をしたいと考える方は、アロマテラピーアドバイザーや、アロマテラピーインストラクターの資格を取得されています。
やはり、「アロマテラピーを人に伝える」ということを考えたときに、アドバイザーやインストラクターの資格は必須であるでしょう。

仕事に活かしている方も、アドバイザーやインストラクターの資格を取得されている方は多いですが、それいプラスして、「環境カオリスタ検定」を取得されている方も多いです。
これはアロマテラピーと環境を結びつけた、より深くアロマテラピーを掘り下げた資格なので、仕事に活かしたいという方は取得されているようです。

ただ、仕事にしている方も、仕事まではいかないけれど、地域で人々にアロマテラピーを教えているという方も、アドバイザーとインストラクターの資格を取得しているということは共通しています。
最初は1人でアロマテラピーを始めて、その後どういった方向でアロマテラピーを自分の生活に活かしていきたいかということを考え、それに合った資格をそれぞれが取得している、という流れが多いようですね。
まずはアロマテラピーを始めてみて、それからご自身の方向性を模索していくとよいと思われます。