髪質による使い分け

アロマオイルは髪質によっても使い分けがおすすめ

アロマオイルは様々な用途で取り入れられますが、頭皮や髪の毛のために取り入れられることも多いです。
髪の毛にアロマオイルの成分を浸透させることでよりなめらかでしっとりとした理想の肌を手に入れることができます。

アロマオイルを髪の毛に使う際には何でも良いので使えば良いという訳ではなく、髪質によって使い分けるのがおすすめです。
髪の毛には個人差があり、柔らかめの方もいれば芯が固めの方もいます。
こうした髪質の違いによってアロマオイルの選び方も変わってくるので、こだわって選びたい方はぜひ自分の髪質がどんなものなのかをチェックすることをおすすめします。

髪質によるアロマオイルの選び方の違いをご紹介します。
参考にしてみてくださいね。

髪質によるアロマオイルの選び方の違い

まずは紙がべたつくという方です。
この場合は髪の毛に脂分が多くなっている状態です。
ローズマリーなどはさっぱりとした爽やかな香りがありますが、含まれている成分が余計な脂分を除去してくれやすくなります。
アロマオイルはオイルなのでべたつく所にさらにオイルを足して大丈夫か心配になる方もいるかもしれませんが、逆に適度なバランスに保ってくれるので使うことをおすすめします。

べたつく方は頭皮にも脂質が多くなっていて、そこに細菌が繁殖しやすくなっています。
そのため髪質や頭皮にも影響が出やすいので、早めに対策することをおすすめします。
ローズマリーは多くの女性が好みやすい香りなので、気に入る方も多いと思います。
他にもレモンなどもさっぱりとした爽やかな香りで、取り入れるのもおすすめです。

逆に髪の毛がぱさぱさになるという方は、脂分を浸透させてなめらかに保ちやすいものを使うと良いでしょう。
カモミールなどが代表的な種類です。
これはより脂分を髪の毛に効果的に浸透させてくれて、ぱさつきを防いでくれます。
また、比較的優しい成分なので子供さんにも使いやすいオイルです。
上手く活用してぱさつきを防いでいきましょう。

時期によってぱさつきがあるという方もいると思います。
特に冬の季節は乾燥していて、それがぱさつきの原因になることは多いです。
そのため冬の時期はこうした成分のアロマオイルを活用するという方法もおすすめです。

最後にオレンジのアロマオイルです。
これはふけやかゆみを抑えてくれる働きがあります。
オレンジは爽やかな香りを持っていますが、ビタミンが頭皮にも浸透して、より良好な状態を保ってくれます。
どちらかというとさっぱりとした感じで使えるアロマオイルなので、脂分が少し多めの方にも向いています。
こうした方はふけやかゆみも生じやすいので、オレンジの香りを楽しみながらケアをするのもおすすめです。

髪質に合ったアロマオイルを楽しもう

このように、髪質に合ったアロマオイルを選ぶことはとても大切です。
そのためにも大切なことはあなたの髪質をしっかりとチェックしておくことです。
自分の髪質が分からないとそれに合ったアロマオイルも選ぶことができないので、早速髪質のチェックをしてみてほしいと思います。

Comments are closed.